遠征

アルゼンチン奮闘記 ~3-4日目~

投稿日:

 こんにちは、おのぽんです。
先日は0-2日の奮闘をまとめました。


 今回は、事前練習から大会終了までをまとめていこうと思います。やっと卓球します🏓笑

3日目

事前練習を行う前に

 僕はアルファさんをよりよく知るため、アルファ選手の卓球における得意不得意、長所短所の認識合わせを行いました。

 現地での練習や試合が始まる前に、僕はどうしてもアルファ選手とアルファ選手自身の思う卓球における得意不得意、長所短所を知っておきたかったので、少しだけ時間を頂戴し、それらを書き出していただきました。

そして僕も同じように書き出し、共通に感じる部分の意識合わせや、他者から見たアルファ選手の選手像を伝えたり、不得意や短所に感じる部分についてさらに深掘りった質問をしながら、苦手に感じる本質を追求しました。

 これは、購入した潜在意識を引き出す本の中で手法として書いてあり、アルファ選手のことを試合前によりよく知るチャンスだと捉え、実践してみました。

 これにより、アルファ選手と僕の似たようなマインドをたくさん持っていることに気づき、同時に短所や不得意に感じる部分は「実は思い込みなのでは?」という答えに至ったり、考えている本質にたどり着くことができました。

 アルファ選手は、本大会のアドバイザーを探す時、僕以外に声を書けなかったと言います。当然さまざまな観点から僕のことを選んでくださったのだろうと思いますが、それと同時に、おそらく似たような雰囲気をなんとなく感じ取っていたのだと思います。

 15分くらいで終わるだろうと思っていたこの作業は結局1時間30分かかってしまいましたが、この時間は決して無駄ではなく、むしろこれだけ時間をかけたからこそ、お互いを終始信頼しながら戦い抜くことができたのだと思います。

https://onopon.blog/?p=728 のアルファ選手と認識合わせより

腹ごしらえをして練習に!!

 雲ひとつない青空がお出迎えしてくれながら今日も今日とてレストランへ。
レストランに向かう途中の景色も新鮮で楽しみながら歩いていました^^

なんか海外っぽい本屋さん



許可を取ったのか定かではない日本のアニメのおもちゃを売る屋台



とりあえず撮影したそれっぽい風景



 そしてやはり多いランチ。いやまじで量多い。美味しいから良いけど!
前日のドゥルセ・デ・レチェのダメージもあり、この日はデザートを食べずに昼食だけなりました笑

練習場に到着

 赤マット!そしてSAN-EIの台!全日本とかと同じクオリティの環境だと思います。全日本出たことないからわかんないけど。

 この日はまでフェンスもとりあえず配置したって感じで、スタッフさんが1つずつフェンスが真っ直ぐ立つように1枚ずつネジの調整を行っていました。すごい。

 この日の練習は、

  • 基礎打ち
  • 軽い引き合い
  • アルファさんのサービスからのストップレシーブ(フォア前・ミドル前・バック前)
  • 多球練
    • フォア下回転打ちからの上回転打ち
    • バック下回転打ち
  • 2ゲーム先取のゲーム練(最後は6-6から)

みたいな感じで回しました。(この日は三脚を持っていかなかったのでやったことをめっちゃメモってた)

 大体2時間くらいかな?729のボールに慣れるにはまだ時間は足りないけど、長い時間やって疲れが残っても良くないのでこれくらいで切り上げました。

練習中のおのぽんの意識

 アルゼンチン滞在中、僕がコートに立つ = アルファ選手のスパーリングパートナーになるという意識でした。
当然ながら、スパーリングパートナーというものも今回初めてだったので、

  • アルファ選手の要求にとにかく応える
  • こちらはミスしない
  • ブロック時はアルファ選手が打ちやすい(調子が上がりやすい)ボールを返球する
    • 同じコース
    • 同じリズム
    • 同じ深さ

この辺りを特に意識して任務を全うしました。あくまで意識なので、もちろんミスはしまくってるのですが・・・笑

4日目

公式練習

 この日は公式練習日でした。

 練習時間は全てこのような形で国ごとにスケジューリングされていて、「おぉ、ちゃんとしてるなー」と思いました。

しかし、

  • 昼食の時間と練習時間被ってる
  • 夕飯をナショナルセンターで食べてたら、ホテル行きのシャトルバス乗れなさそう
  • テクニカルミーティングの時間と練習時間被ってる

など、あまりいい待遇ではなさそうでした。(僕たちは1チームで出場してるので、仕方ないのかもですが)

 とは言え練習はしたいので、1コマだけちゃんと練習することに。



 現地に早めについて様子を見に行くと、他国の選手で賑わってました。すごい。

現場の雰囲気を肌で感じながら、とりあえずお昼ご飯を食べる2人笑

 サラダには自分で何かをかけるスタイルなのですが、日本とは違い、

  • ドレッシングはオイルとビネガーを選べる
  • が、味はしないため塩を好みでかける必要がある

みたいな状況でした。

しかしスペイン語全く読めないので、とりあえずこっちの方が美味しそう的なノリでドレッシング選んだ結果ビネガー引き当て、サラダはただの酸っぱいきゅうりとなりました笑

そしてドレッシングに味がついてるものと踏んでいたため、塩を持ってきておらず完全に詰んでました、しゃーなし!!


 そして練習。
この日は三脚のセッティングも行おうと思っていたため、ついでに練習風景もパシャリ。

アルファ選手のバックハンドかっこいい。

ちょっと息抜き


 アルゼンチン行って絶対やりたかったことがこちら(もっとあったやろ)。

 サバンナの高橋が一発芸で地面に向かって「ブラジルの人聞こえますかー!」ってやつやってるじゃないですか。あれの日本バージョンとブラジルバージョンどっちもやって写真撮りたかったわけですよ。

 ということで、とんでもなくしょうもないお願いをアルファさんにして撮影していただきました。ありがとうございました!!^^

他にも現地の様子を少しだけ

表彰台の準備


他国の練習の様子


テクニカルミーティング

 会議室が用意され、今大会の説明会の場が設けられます。
このタイミングでどの選手と当たるかなどの情報も全てわかります。
「オープン大会の開会式が前日に行われる」という解釈で良さそうです。

記者会見みたい

スペイン語無理
直後の英訳。スペイン語よりは雰囲気だけ理解できる


ペア団体のパートナー決め

 今大会はシングルスの他にペア団体もありました。通常、自国の人とペアを組むのですが、日本からは僕らしか出場していなかったため、他国の選手と組むことに。

 がしかし、ほとんどのペアが自国の人と組んでいたため、僕らと同じくして余っていたエクアドルのポロ選手と組むことに。

 この選手は英語が伝わるようだったので、そこに関してはいいかなと思いました。実力差がダブルスでどう響くか不安ではありましたが・・・。


 いよいよ次の日より試合が始まります!
今の所ただアルゼンチンを楽しんで寝坊してるだけのおのぽんですが、この後ちゃんと仕事するのか・・・乞うご期待!!笑

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

-遠征

Copyright© おのぽんの卓球ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.