遠征

アルゼンチン奮闘記 ~0-2日目~

投稿日:

 こんにちは、おのぽんです。

 先日書いた記事より、アルゼンチンに行って参りました!
無事旅立てるか・・・と思いきやそうもいかず、無事到着できるか・・・というとそうもいかず笑


アルゼンチンに到着するまでの間にもいろいろな出来事があったので、ゆるーく書いていこうと思います。

そもそもアドバイザーって何やるの?

 例えば団体戦に一緒に出て、その選手に対してアドバイスをすることはあるものの、アドバイザーとして選手と試合に行ったことがないのでわからないです笑


 ましてやアルファ選手は全日本で優勝するような実力のプロ選手。一体どんな立ち振る舞いをすればいいのだろうと悩んでいました。


 出国前、アルファさんの自宅にお邪魔し、ご両親に同行させていただく旨のご挨拶をしました。
その際、アルファさんやご両親よりお話をお伺いし、ふわふわした僕の気持ちは固まりました。

僕にできることであれば、試合内外すべてサポートしよう



 そう気持ちを新たにするのでした。


どのようなことがあったかは、こちらの記事に思いの丈を綴っております^^


旅行の前にやらないといけないこと

 とはいうものの、航空チケットなどはアルファさんが取得してくださっていたので、僕の方でやることはなかったのですが、それ以外にも

  • パスポートの更新
  • ワクチンパスポートの取得
  • ESTAの申請
  • 海外保険への加入
  • PCR検査の海外用陰性証明書の取得
  • アルゼンチンオンライン契約書の作成

これだけやることがありましたw

パスポートの更新、ワクチンパスポートの取得

 渡航中に期限が切れることはなかったものの、「帰国後90日間までがパスポートの有効期限でないといけない」という条件に引っかかってしまい、慌ててパスポートの更新に行きました。

 パスポートの取得に6営業日かかり、僕の自治体ではワクチンパスポートの取得に7-10日かかるとのことだったので、パスポート取得後は大急ぎでワクチンパスポートの書類を提出しました。
 ワクチンパスポートのサイトを見ていると、直接役所に持っていっても書類を受け付けないとのことだったので、郵送するしかありませんでした。
ただし、「お急ぎの場合はその旨のメモを同封してください」という文章が書いてあったので、藁をもすがる勢いで書いた文章を同封しておきました。

もはや懇願。

 郵便局の人に渡してから6日でワクチンパスポートが手元に届きました・・・!
願いが通じて良かったです。


ESTAの申請

 最大72時間かかります。
そう書かれたESTAの申請は3時間で通りました。渡航者少なすぎて秒で通ってるやん。


海外保険への加入

 ワクチンパスポートを待ってる間は海外保険の加入手続きを進めました。
メールではこのURL踏んでやればいいよーみたいなことを書いてありましたが、わからないことだらけだったのでアルファさんに聞いてみたところ、

僕もまだやってなくて、もう外出しないといけないので帰宅後にやります。
もし後でわからなかったら教えてほしいお🥺



とのこと。なるほど、これは僕が先に地雷を踏み抜いておかねば。

旅行会社の人に電話し、一緒に進めていただきながら加入しました。


 そして、そこまでにチェックボタンをぽちぽちしながら進めたwebページを全てスクショし、LINEノートに手順をまとめ、アルファさんに共有しました。

喜ぶアルファさん




PCR検査の海外用陰性証明書の取得

 アルゼンチンの渡航条件として、出国前72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書(英語)が必要となります。
 僕は特に予定を入れていないので問題なく取得できたのですが、アルファさんは渡航前日前々日と大阪で大会が・・・。


 どこかのタイミングでPCR検査を受けると言ってましたが、ほんとに受けれるのか・・・?と思い、念の為僕の方で大阪と新宿の方で安く受けれる場所を調べ共有することに。

アルファさんの人柄がわかる褒め方



 結果別の方法で陰性証明書を手に入れたようでしたが、やるべきことはやっておこうというスタンスでした^^

アルゼンチンオンライン契約書の作成

 これもなかなか厄介でした。契約書を作るにあたり、

  • PCRの陰性証明書(英語)
  • 海外保険の英訳書

が必要でした。

 「あれ、これアルファさん渡航当日にやるしかなくね?」
そう思いながらここでも地雷を踏み抜くことに。


 「陰性証明書はもらってるのでOK。海外保険の英訳書・・・ん?海外保険の資料そもそももらってなくね・・・?」


 慌ててメールを見返すと、保険のデータが日本語でずらっと書いてあるメールを見つけたので、それをgoogle翻訳で英訳し、PDF資料を作り添付することで事なきを得ました。


 渡航48時間前に書いていればOKとのことだったので、当日羽田空港にて一緒に契約書を作り、なんとか全ての準備を終えました。


いざ出発!!

 というわけで出国できました!^^
長かった・・・

機内ではこんな余裕も。



JFK空港にて飛行機が飛ばず、機内に乗った人が全員降ろされ、別の便に移されるトラブルはありましたが・・・(これにより予定より3時間ほど遅延)

機内で感じたアルファさんのカリスマ性、人柄の良さ

 いつも人当たりのよいアルファさん。機内では、お世話になったCAさん?かどなたか?にお手紙と記念になる何かを添えてプレゼントしてました。

 え、神なのかな?人生何回かループしてるのかな?
アルファさんは、卓球関連でお世話になる人の前ではきっとアルファ選手なのだろう と感じた瞬間でした。

アルゼンチンにて

 アルゼンチンではナチョという日系の子がお迎えしてくれました^^
簡単な会話(と言ってもほぼ普通に)ならできるみたいで、おじいさんやレストランの注文の通訳をしてくれました、優しい!!

ナチョ、おじいさん、アルファさんとのランチ


 ホテルに着くと「うちではご飯用意できないから、ここのレストラン行って」と言われ、辿り着いたのが写真のレストラン。大体徒歩1,2分程度。


 アルゼンチンのお食事は基本的に日本人のお口に合いそうなものばかりでした!ただ基本的に日本の1.4~6倍くらいの量だったのが気になったくらいです😇笑

初めて目にするドゥルセ・デ・レチェ

 アルゼンチンではドゥルセ・デ・レチェと呼ばれるキャラメルクリームのようなソース?がよく好まれるそうです。


 「アルゼンチンってそもそもどんなもの食べるんだ?」という情報を一切知らなかった僕は出国前にどんな食べ物が有名なのか調べた時に、このドゥルセ・デ・レチェの存在を知りました。(アルゼンチンの有名な食べ物とか知らなくないですか?🤔笑)


 ただ、完全に思わぬ形で登場したので完全に意表を突かれました。

プリン with ドゥルセ・デ・レチェ



 ・・・え、君なんでプリンに添えられてるの?
どうみても甘そうに見えるプリン、そしてドゥルセ・デ・レチェ。何より量が多い。

 試しにスプーンに乗った少量のドゥルセ・デ・レチェをぺろり。
甘い・・・甘すぎる・・・!笑

 日本で売ってるミルクキャラメル溶かして、砂糖を大袈裟に混ぜたら近しい甘さになると思います。
それくらい甘い印象でした。

 そしてプリンをぱくり。こちらも甘い。そして意外と卵の味がしっかりして美味しい。


・・・え、君なんでプリンに添えられてるの?(2回目)

 試しに、両方一緒に食べてみることに。

 おぉ・・・めちゃくちゃ合うじゃん!!!
みたいな展開になるわけでもなく、想像通り口の中で甘さが世界大戦起こしてました。美味しいものと美味しいものを足し合わせてマイナスになる稀有な例を目の当たり、いや口当たりにした瞬間でした。


 とはいえ別々に食べれば美味しいので無事?完食しました。(この時当分甘いもの食べなくて良いやって気持ちになってる)



 そんなこんなで楽しいランチも終了しました^^

入国1日目は練習の予定だったが

 会場の都合上、入国初日は練習できませんでした。
が、僕はそれでよかったです。
というのも、僕は慣れない長距離移動の疲れがどっと出て、お昼ご飯を食べてホテルに着いてから速攻で寝てしまい、気づけば14時間寝てました笑(途中起きてシャワーなど浴びてはいましたが・・・)

お世話になるクリスタル パレス ホテル
泊まった部屋の様子
ホテル前のアルゼンチンの街並みを撮影するアルファさん



 無事(ではないけど)辿り着いたアルゼンチン。
次回は練習から大会の様子までを綴っていこうと思います^^


 最後までお読みいただきありがとうございました!!

-遠征

Copyright© おのぽんの卓球ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.